中盤編(魔貴族幻影を倒す為に)

技を閃く

早速ですが、最強技について考えます。

鼻で盾(ガーダー)が使えるので、是非、竜槍スマウグのラウンドスライサーを使わせたいです。 が、

かなりの手間がかかります。
ドラゴンルーラー(緑)はカウンターで倒せますが、アスラで閃く時は、ダメージを受けてしまいます。サラサのシャツは防御力が低いので、ダメージを0にする事は、盾回避35%が発動しなければ無理です。
ビューネイを倒して龍神降臨を唱えても、楽に倒せるものの、ラウンドスライサーが閃く確率は低くなります。
それなら、竜鱗の剣の分身剣の方が手間はかからない上に、ラウンドスライサーとまあまあ威力は変わりません。まあまあ変わりますが(__)
また、分身剣ならレッドドラゴンクラスの敵で比較的簡単に閃けます。

以上により、分身剣の剣・大剣レベル、振り逃げの斧・棍棒のレベル、月レベルを上げる事にします。
聖王廟のレッドドラゴンで技を閃き、ロアリングナイトで極意化・レベル上げするという流れでいきます。レッドドラゴンは、得意武器斧のぞうが分身剣を閃くことができる敵の中でも、1ターン目の行動が「火炎」に特定されており対策がしやすいです。

レッドドラゴン

武器:竜鱗の剣 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー 死の指輪 死の指輪
戦法:剣通常攻撃×n
1ターン目の火炎はダメージ0に抑えられます。しかし2ターン目以降は、盾で防がれなければダメージを受けます。
約2時間、何度もリセットを繰り返し、分身剣までを覚えました。マキ割ダイナミックも覚えました。

ロアリングナイト

武器:竜鱗の剣
防具:サラサのシャツ パワーグラブ 王家の指輪
戦法:極意化したい技→十文字斬り

分身剣とマキ割ダイナミックを覚えたら、他の技を極意化する必要もありません。
魔貴族を倒す為に修行をします。

一番初めに倒す魔貴族幻影は、振り逃げで安全に倒せるアラケスです。
かなりの技Pが必要になりますが、大回転も地震もテラーボイスも防げ、ノーダメージで倒せます。
シャドウサーバントを使うとしても、相手が防御していると考え、技Pは200前後欲しいです。聖杯があれば160前後、是非聖杯を使いたいです。
そのためにシャドウサーバントを購入し、ロアリングナイトでひたすら鍛えます。剣・大剣レベルも並立して鍛えます。

ロアリングナイト

武器:ゴールデンバット 竜鱗の剣
防具:竜鱗の盾 サラサのシャツ パワーグラブ 王家の指輪
戦法:分身剣→シャドウサーバント(最初はシャドウボルト)→マキ割ダイナミック

聖杯入手

ある程度鍛えたら、レオニード城に聖杯を取りに行きます。

ステータス
WP124 JP80 剣・大剣28 斧・棍棒27 月26

まず、ツヴァイクのトーナメントを制覇します。

武器:ゴールデンバット ブローヴァ 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 死の指輪 死の指輪
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→振り逃げ×n

ぞうは素早さが遅く、先制されますが、1匹目の1ターン目はノーダメージになるよう祈ります。振り逃げをした2ターン目からは、魔法防御が高いので、ダメージは受けません。
しかし敵の数が多く、毒霧を使うオアンネスなど、リセットは必須でした。

レオニード城に行く前には、ポドールイでムーングロウを購入します。ヤミー戦で重要な術になるからです。
途中の固定モンスターのワーバットは、ジャストミートで倒します。
ドラゴンゾンビはシャドウ振り逃げで倒し、デッドハートを奪っておきます。デッドハートは、ラストバトルで必ず必要になるアクセサリーです。

モータルゴースト

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 フェザーブーツ 死の指輪
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→ムーングロウ×n→振り逃げ×n
ムーングロウで、地相を月にしてから振り逃げをすれば、技Pが足りなくなる事はありません。
1ターン目は、盾で回避か物理攻撃が来なければ、ノーダメージです。

敵:ゼラチナスマター
武器:ブローヴァ 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 フェザーブーツ 死の指輪
戦法:シャドウサーバント→マキ割ダイナミック
シャドウサーバントを消される恐れはないので、隠れる必要はなく、魔法防御を重視します。

ヤミー

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 トロールストーン 魔女の瞳
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→ムーングロウ×n→振り逃げ×n
地相を月に変え、自動回復を止めれば楽勝です。
1ターン目が、盾回避かメガサクションか状態変化技なら、ノーダメージ。2ターン目以降は、隠れていて、ダメージを受ける事はありません。あとは、技Pが足りるかどうかの問題です。
凝視と骨砕きの見切りが欲しかったのですが、無理でした。

これで、聖杯を手に入れ、振り逃げがさらに使えるようになりました。
しかし、まだまだアラケス幻影には及ばないので、再度鍛えます。

ステータス
WP124 JP80 剣・大剣28 斧・棍棒28 月27

レベル上げ2回目

だんだんとレベルが上がらなくなって、特に武器・術レベルは50回くらい戦わないと上がらない状態です。
そんな中、玄竜と戦う案を思いつきました。即死・石化が有効な玄竜は、1ターン凌げば倒せます。

玄竜

武器:ゴールデンバット 竜鱗の剣 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ フォートスーツ 死の指輪 死の指輪
戦法:振り逃げ→ムーングロウ→パリィ→マイダスハンド×n
さすが玄竜、ノーダメージで凌ぐのはかなり無理があります。盾で防げなければリセットです。
竜鱗の盾の回避率は35%、マイダスハンドが決まる確率は50%で、15%程度しか勝率はありません。

おまけに、お供モンスターがプラズマやらガストと、厄介なモンスターばかりです。結局、月レベルを1上げて、玄竜でのレベル上げは断念しました。
しかし、お供にガストが出てくるので、帰還する前に凝視とネットの見切りは覚えます。

玄竜・ガスト

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 竜鱗の鎧 王家の指輪 竜鱗
戦法:振り逃げ→ムーングロウ×n→マイダスハンド→(ムーングロウ→パリィ)×n
玄竜を石化させて、ムーングロウとパリィを続けます。ムーングロウを唱えるのは、ガストのサクションや超音波のダメージを0にする為です。
手間はかかりましたが、破壊するものも使う凝視とネットの見切りを覚えました。

やはり、ノーダメージでレベル上げをするには、ロアリングナイトが最適です。時間はかかりますが、ロアリングナイトは決してレベルが上がりにくくはありません。

そして、一つ勘違いしていた事が…。遠藤さんのサイトから、複数の武器・術のレベルを上げた方が、技・術Pが上がりやすいという事実が分かりました。複数の武器・術を使うので、一回の戦闘時間はかかりますが、着実に技・術Pを上げられます。
早速、技・術Pを上げるために、蒼龍術を覚え、槍と弓を装備し、戦闘に入ります。

ステータス
WP128 JP84 剣・大剣28 斧・棍棒28 槍・小剣0 弓0 体術15 蒼龍0 月28

ロアリングナイト

武器:ブローヴァ 竜鱗の剣 ブリッツランサー 強化弓
防具:サラサのシャツ パワーグラブ 王家の指輪
戦法:分身剣→エイミング→弓通常技→パンチ→ウインドダート→マキ割ダイナミック
先程と比べると、別の敵と戦っているかのように、とても上がりやすくなりました。あまり上がらなくなるまでレベル上げをします。

ステータス
WP152 JP106 剣・大剣28 斧・棍棒28 槍・小剣26 弓23 体術27 蒼龍25 月28

中盤編(魔貴族幻影を倒すまで)

アラケス討伐

ノーダメージで倒しやすいアラケスから倒します。
事前に、アラケスの戦鬼から骨砕きを見切ります。

アラケスの戦鬼

武器:ブリッツランサー 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ フォートスーツ 死の指輪 死の指輪
戦法:足払い×n
スマッシュ、体当たり、ファイナルストライクはダメージ受けるので、盾回避できなかったらリセット。

アラケス幻影

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾 聖杯
防具:サラサのシャツ フォートスーツ フェザーブーツ 死の指輪
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→振り逃げ×n
1ターン目を凌げば、あとは振り逃げ連発で楽勝です。唯一心配であったWPも、聖杯があるので安心でした。

ビューネイ討伐

次は、ビューネイ幻影です。

タフターン山は長く、途中には狭い道があり、エンカウントしてしまいます。ロアリングナイトでレベル上げをして、通常モンスターはレベル1のモンスターしか出ませんが、お供が厄介です。細い道では一回一回セーブをし、雑魚モンスターが出てくるのを待ちます。

ビューネイの巣では、エンカウント必須のライフトラップの穴が3回あります。
実は、どのような装備で挑もうとも、ライフトラップをノーダメージでは倒せませんでした。1ターン目に、ノーダメージで振り逃げを成功しても、ライフトラップはほうしを使ってきます。射・状のほうしは盾回避するしかないのですが、HP4200のライフトラップを倒すには振り逃げを15回以上攻撃しなければなりません。
35%、12.25%、4.29%、1.5%、0.52%、0.18%…もはや3回勝てる確率ではありません。

しかし幸い、ほうしはワンダーバングルで99%回避できます。ワンダーバングルを守るミノタウロス2体を倒しに魔王殿へ行きます。
しかし、ぞうの素早さが遅いので、先制で合体技(800ダメージ以上)を受けてしまいます。魔王の盾で対抗しましたが、何度挑戦しても盾が発動しませんでした。特殊な技だから?と諦め、リリスから手に入れようかと思いました。

しかし、聖王ブーツなる先制が発動する防具の存在に気づきました。
ロアリングナイトはいつも通り倒し、舞姫&道化は退却し、聖王ブーツを手に入れ、再度魔王殿へ行きます。
確率はかなり低いですが、先制できるようになりました。しかし、隠れてもエックス攻撃やダブルインパクトを受けてしまいます。マイダスハンドを連発するしかなく、50回以上のリセットの末に倒しました。

ミノタウロス2体

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー 聖王ブーツ 死の指輪
戦法:マイダスハンド×n

これで、ライフトラップにノーダメージで勝て、ビューネイと戦えます。

ライフトラップ

武器:ゴールデンバット ワンダーバングル
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 ナイトキャップ 魔女の瞳
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→振り逃げ×n
ワンダーバングルのおかげで楽勝でした。

ビューネイベビー ビューネイバード ビューネイドッグ

武器:ゴールデンバット
防具:サラサのシャツ ナイトキャップ 死の指輪 聖王ブーツ
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→振り逃げ×n
聖王ブーツはかなり役に立ちます。リセット必須ですが、理論上は先制できるので、ぞうの唯一の弱点がなくなります。隠れていれば、ビューネイベビーのナイトコール、ビューネイドッグのテラーボイスしかされません。

ビューネイ幻影

武器:竜鱗の剣 ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー ナイトキャップ 死の指輪
戦法:振り逃げ→シャドウサーバント→(シャドウ有り:振り逃げ、シャドウ無し:シャドウサーバント)×n

ベルセルク、ララバイか、盾発動で1ターン目は乗り切ります。
隠れている状態だと、アースライザーとララバイとナイトコールとベルセルクしかされません。
しかし、アースライザーは既存の最高の防具を装備しても、ダメージを受けてしまいます。その物理攻撃を、シャドウサーバントで防ごうとしたのがこの戦法です。このやりこみを始めようと思った時から考えていました。
現在のJPが106で、シャドウサーバントが10回唱えられます。
10回アースライザーをされても平気で、11回目はダメージを受けてしまうので、最後は悪あがきの分身剣をします。
やはり現実はかなり厳しく、シャドウサーバントを選択したターンにアースライザーをされる事も多々ありました。ビューネイが最後の変身を遂げるまで、3回しかアースライザーをされなかった時もありました。これは行けると思いましたが、思いは儚く、最後はアースライザーを連発され、JPが尽きてしまいました。
しかし10回程のリセットの中、とうとう最後まで粘れ、最後のシャドウサーバントが剥がされた次のターンに分身剣を決めて倒せました。
ただ誤算だったのは、アースライザーを唱えたターンには、ビューネイへのダメージが大幅に軽減される事でした。ダメージ計算では十分に倒せると思いましたが、ベルセルクもあり、このようにぎりぎりの状態でした。シャドウサーバントを消され、そのターンの振り逃げダメージが約半分にされるのは、かなりきつかったです。

これでLP36の龍神降臨を使えるようになりました。

フォルネウス討伐

アウナスは龍神降臨を使って簡単に倒せるので、フォルネウスから倒します。
その前に、龍神降臨はガーダーとの組み合わせが有効なので、ウィルガードを手に入れます。

ドラゴンルーラー(緑)

武器:竜鱗の剣 エクセルガード
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー 死の指輪 聖王ブーツ
戦法:龍神降臨→ダンシングリーフ→分身剣×n
ヒドラレザーで毒を、死の指輪でテラーボイスを防ぎ、聖王ブーツで先制し、龍神降臨を唱えます。
龍神降臨+ガーダー+ダンシングリーフ+蒼龍地相のコンボは脅威です。エクセルガード30%、ダンシングリーフ50%で、物理攻撃回避率65%となります。
猛毒ガスは必ずLPが減りますが、分身剣の威力が高まり、勝利に近づきます。
結局、LPを22も残して勝ってしまいました。蒼龍地相で回復する真ビューネイには、この戦法では苦戦しそうですが。

次に水龍を倒します。

水龍

武器:竜鱗の剣 ウィルガード
防具:サラサのシャツ 魔王の鎧 トロールストーン ラバーソウル
戦法:龍神降臨→分身剣×n

聖王ブーツはいまいち確率が低いので、トロールストーンとラバーソウルを装備して、1ターン目ノーダメージを目指します。
魔王の鎧は龍神降臨と相性が良いです。
今回は地相変化は試みなかったので、ドラゴンルーラー(緑)より苦戦しました。特に、巻き付きは麻痺すると厄介です。
残りLPは11でした。

フォルネウス幻影

武器:ゴールデンバット 竜鱗の盾
防具:サラサのシャツ 死の指輪 死の指輪 魚鱗
戦法:振り逃げ→龍神降臨→シャドウサーバント→ダンシングリーフ×n→(蒼龍地相→振り逃げ、玄武地相・地相無し→龍神降臨)×n

ひたすら地相に拘ります。こちらはシャドウ振り逃げ500ダメージ程ですが、フォルネウスの地相回復は999です。
地相が無しの場合と、地相が玄武の場合には龍神降臨を唱え、地相を蒼龍にします。攻撃はそれからです。
しかし、なぜかメイルシュトロームはしてこなく、隠れていればダメージは受けません。
1ターン目だけ凌げば必ず勝てる戦闘なのですが、いかんせんスコールを連発されると蓄積ダメージがどんどん回復されます。
また、玄武地相が強いのか、地相無しの状態から蒼龍地相にするのに6ターンかかった時もありました。
100ターン以上かかり、ビューネイ幻影とはまた違った苦戦を強いられました。

アウナス討伐

最後にアウナスを倒します。

トリオメイジャン

武器:竜鱗の剣
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー 死の指輪 死の指輪
戦法:バックスタッブ×n
雷火は倒さない方が良いです。倒すとレベルに応じた敵が出てきて、ダメージを受ける可能性が高くなります。
なので、バックスタッブを選びました。
上記の装備で、雷火の全ての攻撃をノーダメージで抑えられます。

パイロヒドラ

武器:ゴールデンバット
防具:サラサのシャツ フォートスーツ 死の指輪 死の指輪
戦法:ジャストミート×n
振り逃げ連発で倒そうと思ったのですが、地相が強すぎて朱鳥から変更できませんでした。回復量がダメージ量より多く、無理でした。フォルネウス幻影の地相より強かったです。
なので、カウンターで倒します。
牙のダメージは0ですが、火炎と雷と冷気はダメージを受けます。幸い、牙だけの三連撃が主で、3回のリセットで倒せました。
しかし、ジャストミートよりマタドールやかざぐるまの方が楽に倒せたと思います。

アウナス

武器:竜鱗の剣 ゴールデンバット ワンダーバングル
防具:サラサのシャツ ヒドラレザー 死の指輪 王家の指輪
戦法:龍神降臨→分身剣×n→振り逃げ→シャドウサーバント→分身剣×n
三段斬り、超振動剣以外の攻撃はノーダメージです。
いきなり龍神降臨をし、地相が朱鳥になるまで分身剣を続けます。
しばらくして、地相が朱鳥になったら、アウナスの自動回復を消すため、振り逃げをします。振り逃げをし、アウナスのセルフバーニングのカウンターを受けると、アウナスは朱鳥地相で回復しなくなります。
あとは分身剣を繰り返します。

ステータス
WP169 JP109 剣・大剣29 斧・棍棒29 槍・小剣26 弓23 体術27 蒼龍26 月29
inserted by FC2 system